MENU

下半身を鍛えるメリットはこんなにある!上半身だけじゃなく下半身もしっかり鍛えよう

こんにちは!かもっちです。

 

下半身の筋トレは上半身に比べてサボりがちになってしまう人が多いように感じます。

下半身を鍛えることによって様々な効果が期待できるのに上半身のトレーニング程真剣に取り組む人が少ないのはとてももったいないです。

 

今回は下半身を鍛えることで得られる絶大なメリットを紹介していきたいと思います!

 

 

みんなが下半身のトレーニングをやらない理由

下半身のトレーニングよりも上半身のトレーニングが優先的になってしまう理由はいくつか考えられます。

  • 一般的にいい体だと思われる筋肉が上半身に集中している

世間一般的にはいい体というイメージはやはり上半身のたくましさだと思われています。シックスパックの腹筋、厚い胸板、そして太い腕という風に上半身に鍛えてかっこいい!と思われるような筋肉が集中しています。

 

それに比べて下半身を鍛えても特別いいイメージは持たれません。むしろ今人気のある細マッチョとは違ってゴリマッチョなイメージを持たれてしまうため下半身のトレーニングは避けられてしまう傾向にあります。

  • 脚が太くなって細身のパンツが履けなくなる

脚を鍛えることによって脚が太くなってしまい細身のパンツが履けなくなってオシャレができなくなってしまう・・・。という理由で下半身のトレーニングをしない人が女性・男性両方で多いです。

 

下半身を鍛えることによって上半身の成長を加速させる

かっこいい体を目指して上半身をしっかりトレーニングしても下半身のトレーニングをやらないと上半身の筋肉を効率よく成長させることができません。

 

なぜか?

 

筋肉を成長させるために必要な大事な栄養素はたんぱく質というのはみなさんご存知だと思います。

 

しかしそのたんぱく質を筋肉を成長させるために使われるためには「成長ホルモン」が必要だということは知っているでしょうか?

 

いくら大量にたんぱく質を摂取しようがそのたんぱく質が筋肉合成のために使われなければ筋肉はいくら経っても成長しません。

 

その筋肉合成のために必要不可欠なのが「成長ホルモン」です。

 

そして下半身のトレーニングは成長ホルモンを大量に分泌させる効果があります。

 

上半身のトレーニングでも成長ホルモンは分泌されますが、その比にならない程の量の成長ホルモンが下半身のトレーニングで得ることができます。

 

下半身のトレーニングをしっかり行って成長ホルモンをたくさん分泌させると、頑張って追い込んだ上半身の筋肉の成長が促進されるというわけです。

 

そんなに簡単に脚は太くならない

脚が太くなるのを嫌がって下半身のトレーニングをしない方は非常に多いですが、履けるパンツのサイズが無くなる程脚を太くするためには相当な負荷をかけて相当な努力を積み重ねないとそこまで脚が太くなることは絶対にありません。

 

みなさんがイメージしてる鍛えてる脚というのはボディビルダーのような脚ではないでしょうか?

 

確かにあそこまで脚の筋肉を発達させてしまうと履けるパンツというのはなくなってしまうでしょうが普通の人はあそこまで発達させることはできません。

 

あのような人達はステロイドという薬を使って無理矢理発達させてる可能性が極めて高いからです。

 

ステロイドまで使って筋トレする人なんてなかなかいないですよね?

 

なのであのような脚には一般人は絶対にすることができないので安心して下半身を鍛えましょう!

 

チキンレッグというアンバランスな体になってしまう

下半身のトレーニングをせずに上半身ばかり発達させてしまうとチキンレッグと呼ばれる非常にバランスの悪い体に仕上がってしまいます。

 

チキンレッグというのは上半身はボディビルダーのようにたくましいのに脚は鶏の脚のように細い状態のことをいいます。

 

いい体というのは言い換えればいい体のバランスです。

 

下半身も程よくたくましくないと上半身を鍛えれば鍛える程ダサい体になってしまいます。

 

以上が上半身だけでなく下半身もしっかりと鍛えるべき理由です。

下半身を鍛えれば上半身の成長も促進され、体のバランスも良くなりスタイルも良く見えるようになります!

 

上半身ばかり鍛えてたなら明日から下半身もしっかり鍛えましょう!!